杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 納得する不動産物件の選び方のポイント » 中古一戸建て

中古一戸建て

このページでは、中古一戸建てを選ぶ際のポイントについて紹介しています。

安心して中古一戸建てを購入するためのポイント

さっそく、中古一戸建てを購入する際のポイントを項目ごとに分けて解説していきます。

立地:違法建築でないかをまず確認

中古住宅で築年数が経過しているものは図面がない場合も少なくありません。中古住宅では建築確認申請時の図面どおり施工されていない違法建築も多く、耐震性などに影響のある物件もあるので要注意。

できれば建築物およびその敷地が建築基準関連規定に適合していることが証明される「検査済証」が交付されている物件が安心です。また平面図や立面図だけでなく外壁・内壁・断熱材の仕様がわかる矩計図や仕様書が揃っているか、不動産会社に確認してみるようにしましょう。

地盤:耐震性を基準に考える

地盤の調査は購入する前にチェックできます。該当物件の目星をつけたならば、同時にその建物のある土地の地盤も調べておいてください。

構造:変更点がないかを調べる

窓などの開口部が大きく変更されていたり、2階建てのはずが3階建てとなっている場合などは要注意。これらは耐火性能や容積率の基準を満たしていない可能性があります。

購入予定の物件が検査済証を取得していなかったり、既にリフォーム済の物件の場合には、耐震性に問題がないか建築知識のある専門家にチェックを依頼する方が良いかもしれません。

あるいは不動産会社から安全性について確約のある物件かどうか、保証がある物件かどうかを確認してから購入するように。

間取り:各部屋・各部分の劣化状況をチェック

もし中古住宅の内覧ができるならば、各部屋や設備などの劣化状況を調べてみましょう。家具の裏や部屋の隅がカビた後がないか。もし黒ずみやクロスの剥がれがあったならば、通風状況や断熱材の施工に問題があることが伺えます。

動かせるものは動かしてみるのがポイント。ドアやサッシの立て付け、部屋の扉など、全て動かしてみる。立て付けが悪い場合、建物全体が傾いてしまっている可能性もあります。中古一戸建て住宅を購入する際は、こうした不具合箇所や不便な点を新しくして解消するためのリフォーム費用も念頭においておきましょう。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集