杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 納得する不動産物件の選び方のポイント » 新築一戸建て

新築一戸建て

このページでは、新築一戸建てを選ぶ際のポイントを紹介しています。

理想的な新築一戸建てを手に入れるポイント

さっそく、新築一戸建てを購入する際のポイントを項目ごとに分けて、解説していきます。

立地:どのような環境で暮したいかをハッキリさせる

暮しやすさを基準にしてみてください。周辺に商業施設や公共施設があるか、治安は大丈夫か、また災害リスクが少ない土地であるかどうかを確認できれば安心して暮すことができます。

地盤:地震に強いところを選ぶ

しっかりとした地盤であることは家づくりの第一条件です。どんなに立地が良くてもその土地が液状化などによって地盤沈下を起こしてしまうところはもっての他です。

行政がハザードマップなどで液状化が起こる可能性のある地域を発表していますので、対象地域でどうしても家を建てる場合は、地盤対策はしっかりとする必要があります。

耐震性をもたせるためには摩擦杭などを打つ方法が一般的。支持層まで杭を打ってあるかはしっかりと確認してくださいね。

構造:土地との相性やバランスで考える

土地の条件が良くても、建物がそれなりでは快適な暮しは望めません。新築一戸建ての場合は、土地と建物のバランスで考えるようにしてください。

構造は大まかにいって、木造軸組工法かRC工法になると思います。それぞれに長所短所がありますが、土地の状況を考えて選択するべきだと思います。

また最近では次世代型省エネ仕様住宅はメリットも多くおすすめです。壁や床、天井に断熱材が用いられていたり、太陽光発電や高効率給湯器などの設備が備わった快適住宅になります。

間取り:“今必要”ではなく、将来を見据えて考える

リビングやキッチン、お風呂、2階バルコニー、階段、トイレ、子供部屋とそれぞれチェックポイントがありますが、間取りの要は快適に暮しやすいかどうかで考えてみましょう。

実際に生活している姿をイメージしてみてください。図面だけではわからない使い勝手や不都合な箇所が思い浮かんでくるはずです。また間取りは将来の家族構成によっても変わってきますので、しっかりと計画した上で決定するようにしましょう。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集