杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 杉並区の不動産物件相場 » 東京メトロ丸ノ内線(荻窪・南阿佐ヶ谷)

東京メトロ丸ノ内線(荻窪・南阿佐ヶ谷)

このページでは、杉並区の中でも、東京メトロ丸の内線沿線の住みやすさ情報をまとめています。

東京メトロ丸ノ内線沿線の特徴

東京メトロ丸ノ内線の杉並区にあたるエリア周辺は、住宅地としての人気が高いエリアでもあります。新宿はもとより、霞ヶ関や大手町といった都心へ地下鉄一本で行ける利便性がありつつも、不動産相場が極端に高い訳でもなく、穴場的な場所なのも人気の秘密でしょう。

荻窪駅・南阿佐ヶ谷駅周辺のエリア情報

JR中央線と東京メトロ丸ノ内線のある荻窪駅は、通勤通学に便利なアクセスの良い街で人気です。駅前には24時間営業の西友やルミネ、タウンセブンといった商業施設があって、日常用品からファッションまでこの街だけで揃えることができるほど。

充実した商業施設が整っています。さらに駅前に24時間営業のドン・キホーテがオープンしたことで、さらに駅前が活気づいています。もちろん昔からの商店街も共存しています。

南阿佐ヶ谷駅周辺は、駅前を走る青梅街道や駅を挟んで反対側に位置する早稲田通り、環状七号線など幹線道路が縦横無尽に走っていて、交通至便な場所でもあります。青梅街道沿いは、飲食店やオフィスビル、マンションが立ち並び、賑やかな印象を与えてくれます。

南阿佐ヶ谷駅からJR中央線の阿佐ヶ谷駅まで延びるケヤキ並木は新緑の時は緑のトンネルになり、秋は黄色く彩られた紅葉になり、街に美しい景観をもたらします。

それに平行するカタチで存在する商店街の阿佐ヶ谷パールセンターは、約700mの間に240店以上のお店があります。毎年8月には阿佐ヶ谷七夕祭りが行なわれることでも有名です。

南阿佐ヶ谷の魅力~アクセス良好な住宅街エリア~

新宿まで10分程度というアクセスの良さを誇る南阿佐ヶ谷駅。JR中央線の阿佐ヶ谷駅も徒歩圏内であるなど、移動のしやすさは抜群です。そんな南阿佐ヶ谷エリアは、賑わいのある商店街と治安の良さが特徴です。

賑わいのある商店街と閑静な住宅街

ランドマークでもある阿佐ヶ谷パールセンターには、数多くのお店が軒を連ねています。その種類はスーパーから民芸品店までさまざま。美容室や各種施術院などもあり、生活だけでなく余暇に関することまでここで済ませることができます。

このように商店街や杉並区役所のある北側は賑わいと活気が見られますが、南阿佐ヶ谷駅の南側は静かな住宅地が広がっています。

丸の内線が通る青梅街道を南側へ抜けると、そこからは閑静な住宅街。さらに南へ進み五日市街道に近づくにつれて静かな街並みになっていきますが、スーパーなどもあり、生活に困ることはありません。

また、都心に近いこともさることながら、高円寺や中野が近いのも注目ポイント。自転車などで付近の街を巡るのもいいかもしれませんね。

治安の良さ、周辺施設など

商店街が広がる北側には繁華街が広がってはいますが、区役所などの公的施設もあり犯罪発生率は高くないというデータがあります。南側の住宅街に関してはかなり落ち着いた雰囲気があり、治安は良いと言えるでしょう。

南阿佐ヶ谷には杉並区役所をはじめとして、警察署や消防署、郵便局の本局など公共の機関が集まっています。利用する機会が多くないとは言え、警察署などが近くにあることはとても安心できますね。

また、杉並区中央図書館も南阿佐ヶ谷にあります。公園が隣接していて雰囲気も良い上に、蔵書数も全国有数だとか。教育の面でも安心できる南阿佐ヶ谷は、家族で住むのに向いていると言えます。

人気エリアの荻窪駅・南阿佐ヶ谷駅周辺の不動産相場

●荻窪
一戸建て/6,238.8万円
マンション/5,891万円
土地/216万9,476円(坪)

●南阿佐ヶ谷
一戸建て/6,341.88万円
マンション/7,086万円
土地/175万7,851円(坪)

※相場データはアットホーム株式会社調べ(2015年1月12日現在)より、全ての間取りを対象に算出したデータです。土地の価格は2015年の公示地価。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集