杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 不動産物件はじめて基礎講座 » 高く売却するコツ

高く売却するコツ

不動産は資産ですから、売却するならば少しでも高く売りたいとは誰もが思うことでしょう。持ち家やマンションには相場がありますが、事前準備によって物件の価値は変わってくるものです。ここでは高く不動産売却するためのコツをご紹介しましょう。

物件の価値を客観的に見極め、アピールポイントを整理

高い相場で取引されている不動産を調べてみると、共通した項目が見受けられます。ご自身の不動産がこうした条件に当てはまるかどうかをまずチェック。該当するものがあれば、積極的にアピールしていきましょう。一般的に高値取引される不動産の条件とは、以下のようなものです。

●最寄り駅から近く、交通の便が良い。人気のある沿線であればなおベター
●市街地や商業施設から近く便利
●役所や公園、図書館といった公共施設があり、住環境が良い
●築年数が浅く、間取りが使いやすい。占有面積が広い
●大手ハウスメーカーが施工した物件
●メンテナンスやリフォームがなされている
●外観や内装に高級感が感じられる
●マンションの場合は、共有部分の施設も充実

信頼できる不動産会社に相談・依頼

不動産の売却を決めた人は、できるだけ早く売りたいと誰もが思うものです。ただ希望価格で売れるかどうかはわかりません。事前準備として、いつまでに売る必要があるか。価格交渉はどれくらいまでするか。譲れない条件などをあらかじめ整理して決めておきましょう。

不動産売却をする上では、不動産会社にお世話になるでしょう。信頼できる不動産会社をパートナーに選ぶことは最も大切なことです。物件購入時からアフターフォローやサービスまで充実している不動産会社であれば、売却時もきっと力になってくれるはずです。

また売却価格は相場がありますが、不動産会社によっても変わってきます。信頼できると思った不動産会社が算出した売却価格をベースにして、複数の不動産会社に査定依頼をしてみるのも高値売却のコツであり、ポイントになります。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集