杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 不動産物件はじめて基礎講座 » どちらがお得?マイホーム購入VS賃貸

どちらがお得?マイホーム購入VS賃貸

住居を選ぶ上で、ある意味永遠の命題となるのが「マイホーム(持ち家)」か「賃貸物件」かです。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらがお得かという議論にはなかなか終わりが見えません。

一生賃貸で暮らすか、それとも持ち家に住むかで、迷っている人は多いでしょう。

本記事ではマイホームと賃貸のメリットとデメリットを改めて紹介し、迷っている皆さまに判断材料を提供したいと思います。

マイホーム購入のメリット

水辺の一戸建て

自分の資産が増える

賃貸と違い、持ち家は自分だけの資産です。

お金のことだけを資産と考えている人もいるようですが、お金が家に変わっただけと考えれば、家は大きな価値を持った資産と言えます。

資産である以上、子や孫に相続させることもできますし、いざという時には家を売却してお金に換えることもできます。

自分の所有物として扱えるのが、マイホームの利点です。

増改築が自由

マイホームは買った状態のものが最終版ではありません。

買ってから家族構成やライフスタイルに合わせて、自由に増改築することができます。

子供が増えたら子供用の部屋を増築しても構いませんし、離れを作って趣味の空間を作っても問題ありません。

高齢者が家族にいる場合は必要に応じてバリアフリー化してもいいですし、いっそ2世帯住宅にするという選択肢もあります。

団体信用生命保険というセーフティネットがある

住宅ローンを組む場合、通常は団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。

ローンを支払い中に世帯主に万一のことがあった場合、この団信による保険金がローンの債権者である金融機関に支払われるため、残りのローンを支払う必要がなくなります。

家族は残債務のない家を手に入れてそのまま住み続けられますし、家を売って現金化することもできます。

持ち家独特の安心感は、たとえローン返済中であっても得ることができるのです。

マイホーム購入のデメリット

引っ越しが難しい

一度マイホームを購入すると、そこから引っ越しすることが難しくなります。

他にアパートを借りるなどして引っ越し自体は可能なのですが、そうするとローンの支払いとは別に家賃の支払いが発生するので現実的ではありません。

引っ越しが難しいということは、いざという時の逃げ道がないということです。

ご近所トラブルに巻き込まれた場合などに、非常に辛い思いをします。

資産価値が落ちていく

例えば新築物件を買うために35年ローンを組んだ場合、ローンの返済が終わって手元に残るのは築35年の住宅です。

特に戸建て住宅の場合は資産価値の減少が早く、いざ売ろうとしたときに思った価格で売れないことが大半です。買い手が見つからないことも多いでしょう。

大金を払って資産価値の落ちていく我が家を見るのは、なんとも言い難い寂しさがあります。

賃貸のメリット

賃貸アパート

身軽に転居できる

ご近所トラブルに巻き込まれたときや、近くに騒音や悪臭を出す施設ができたときなどに、比較的気軽に引っ越しができます。

家族構成やライフスタイルの変化に合わせて最適な物件を選択することも可能です。

例えば独身のうちは小さいワンルームなどで過ごし、結婚したら1~2LDKに転居し、子供ができたらさらに広い物件に移り、子供が独立したら夫婦2人で暮らすのに最適な物件に引っ越す……といったライフプランが可能になります。

柔軟に居住環境を変えられるのは、賃貸最大のメリットと言っても過言ではありません。 

ローンの返済不能による破産がない

持ち家の場合、失業などで住宅ローンの返済ができなくなると、抵当権を実行されて不動産を失う恐れがあります。

最悪自己破産しなければならない場合もあり、そうなると一家離散などの危険性すら出てきます。

賃貸の場合はそもそもローンが存在しません。収入が減ったら家賃の安い物件に引っ越すことである程度対策できます。

賃貸のデメリット

自由なリフォームや増改築ができない

賃貸物件はあくまで借り物なので、壁に穴を開けたり間取りを変えたりするようなリフォームができません。

長年住むと家族構成やライフスタイルに合わなくなってくることもあり、ストレスを感じる原因にもなります。

家賃が常に発生する

賃貸物件には家賃が必須です。たとえ収入がなくなっても、家賃が減額されるということは基本的にありません。

住宅ローンの場合は早めに金融機関に相談することで一定の配慮をしてもらえる可能性がありますが、賃貸物件では難しいことが多いようです。

特に収入が少ない高齢者は、家賃を支払い続けられるかどうか不安に思っているケースが多いと言われています。

まとめ

マイホームには増改築の自由や持ち家ならではの安心感がある一方で、賃貸物件には身軽さや柔軟性という武器があります。

自分がどういう人生を送りたいか、何を重視したいかでマイホームが良いのか賃貸が良いのかは変わってきます。

自分なりのライフプランを考えながら、どちらを選ぶか決めることが重要です。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集