杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 不動産物件はじめて基礎講座 » 住宅ローンのしくみ

住宅ローンのしくみ

東京23区の中でも、独特な街づくりでしばしばマスコミにも取り上げられている杉並区。

人口は約52万人で、中央線沿線高円寺や阿佐ヶ谷、荻窪などが杉並区にあたり、古くから文化人が多く移り住んできた街ということから、学校教育に対する関心も深く子育てや教育の環境が整っている街として注目されています。

人気エリアの杉並区周辺では、数多くの不動産が紹介されていますので、杉並区の不動産状況とそれらを購入した際に優遇される住宅ローン控除について紹介します。

杉並区の不動産状況

多くの特徴がある杉並区は、主要路線が利用できる利便性の良さと自然満載の落ち着いた街並みが魅力のエリア。

知る人ぞ知る神田川や玉川上水などの水流があり、公園なども多くあるなど居住環境が整っている街として知られています。

基本的には住宅地が多い街ですが、東京23区の中でも杉並区は都心に近いことから、世田谷区や大田区などと並んで土地の供給が特に多くなっています。

また、農用地は23区内でも上位に匹敵する広さを持っていることからも、緑豊かな街と言えそうです。

商業地域に関しては、23区内でも低い比率となっていますが、駅が多く環七や環八などの幹線道路が集中していますので、都心へのアクセスが容易となり、生活拠点としての魅力もある街です。

JR中央線を筆頭に、西武新宿線や京王井の頭線などの利用が可能で、総武線や東京メトロ丸の内線などに加え、少し足を伸ばせば西武線なども利用できますので、通勤や通学にも大変便利な点が大きなメリットです。

東京23区の中でも上位の人口を誇り、23区内でも住宅地の割合が最も高くなっているという理由から敷地にゆとりを持てるのもメリットの一つと言え、ゆとりがある環境が整っていますので家作りを検討する方も増加傾向にあります。

杉並区の中でも、JR中央線の停車駅となっている荻窪周辺や10分程で新宿にアクセスできる阿佐ヶ谷エリアの人気が高くなっています。

また、杉並区内でも人気のエリアとして挙げられるJR中央線と荻窪駅まで並行して走っている丸の内線の沿線では、青梅街道沿いに駅があることに加え、支線の終着駅も杉並区になっていることから、杉並エリアでも比較的購入しやすい価格帯の物件が出ることもあります。

更に、杉並区の中でも高級住宅街として数多くの有名人が居住していることで知られている京王井の頭線沿線の浜田山エリアは、建ぺい率や容積率を比較的多く取れるエリアがり、敷地に余裕があることに加え、日当たりや風通しなどの住環境の良さが群を抜いているものの、高額になってしまうのが難点と言えそうです。

また、比較的お得感のあるエリアとして、西武新宿線沿線が挙げられます。この沿線は、古い街並みから住みにくいイメージを持つ方も少なくありませんが、駅から近い物件が出る場合もありますので、お買得物件を狙うには検討してみる余地がありそうです。

住宅ローンとは?

土地や住宅などの不動産を購入する場合は、住宅ローンを利用するのが一般的といっても過言ではありません。

住宅ローンとは、文字通り住宅を購入する時に様々な金融機関から購入資金を借り入れる時に利用するもので、大きく分けてその種類は固定金利型と変動金利型の2種類があります。

固定金利型は、完全固定金利型と3年や5年など固定期間を選択できるタイプがあり、長期にわたって返済していくものですので、ローン選択の際は将来の家計を見据え慎重に選びましょう。

住宅ローンを利用した際に、大きな節税対策として挙げられるのが住宅ローン控除です。

不動産を購入した際に節税として有効な住宅ローン控除とは?

住宅を購入する際に、多数の方が利用するのが住宅ローン。住宅ローンといっても金利の種類や返済方法により返済額が異なってきます。

長期で返済するローンですので、借りる際には社会情勢などを考えながら慎重に選ぶことが重要です。

住宅ローンを利用して住宅を購入した際には、住宅ローン控除が受けられますが、この制度はどんな制度なのでしょうか?

住宅ローン控除の正式名称は「住宅借入金等特別控除」と言い、住宅ローン減税や住宅ローン還付制度などとも呼ばれています。

この制度は、国が住宅ローンを借りる人を支援するために設けた制度で、申告することによって数百万円の減税を受けることができるようになっています。

控除を受けるための条件は様々ありますが、一般的に利用することが多い銀行の住宅ローンや一般的な建売及び新築物件などであればほとんどが問題ないでしょう。

しかし、親族や職場などからの借入金の場合や中古物件及び現在注目されているリノベーション物件などは適用外となる場合もありますので、住宅ローン控除を受けたい場合はローンの借入先や建物の基準なども考慮する必要が出てきます。

住宅ローン控除の条件は以下のようになっています。

住宅ローン控除の条件と控除額は毎年更新されていますが、住宅ローン控除は住宅を購入した年の条件で適用されますので、ローン返済中に条件が変わった場合でも返済途中から条件が変わるようなことはありません。

また、住宅ローン控除は所得税から控除をしきれなかった場合、住民税から控除が受けられるようになっています。受けられる控除額は、最大で136,500円です。

住宅ローン控除の対象者は契約者のみです。夫婦では配偶者に所得があったとしても減税対象にはなりませんが、ペアでローンを組んでいる場合はローンの負担額に応じてそれぞれ控除が受けられる仕組みとなっています。

杉並区で実施されている住宅ローン控除

杉並区で実施されている住民税の住宅ローン控除をみてみますと、対象となる方は所得税の住宅ローン控除の適用を受けており、住宅ローン控除可能額が控除しきれなかった方のうち平成11年~平成18年まで、及び平成21年~平成33年12月末までに入居された方です。

平成19年又は平成20年に入居した場合は、個人住民税においては住宅ローン控除の適用はありませんが、所得税の住宅ローン控除で控除期間の延長などの特例が設けられていますので、区役所や税務署の窓口などに相談してみましょう。

適用される控除額は以下のようになっています。

ただし、平成26年4月~平成33年12月までに入居して当該住宅の取得などに係った消費税額などの税率が8%又は10%の場合は所得税の課税総所得金額などの7%である136,500円が限度となり、いずれか少ない方の額が控除額として適用されます。

手続きに関しては、勤務先から提出される年末調整の給与支払報告書又は所得税の確定申告書などから確認することになりますので、区への申告手続きの必要はありません。

また、近年行われた税制改正後の制度ではなく、従来の制度の適用を受けたい場合は、毎年3月15日までに「住宅借入金等特別税額控除申告書」を区又は税務署に提出する必要があります。

もし、期限内に申告されなかった場合には、区への申告を不要とする新制度の適用を受けることになっています。

まとめ

住宅ローン控除は、住宅ローンを借りている人全てが対象者になりますが、様々な条件があることに加え、自分で申告しなければなりませんので、不明な点があった場合には区役所及び税務署などに相談してみましょう。

住宅ローンを抱えている方にとっては、税金が優遇されるメリットがある制度ですので、しっかりと把握して利用することで大きな減税に繋がります。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集