杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 不動産物件はじめて基礎講座 » 家を買うベストタイミングは?

家を買うベストタイミングは?

マイホームが欲しいという人は多いのですが、なかなか踏ん切りがつかないという人も同じように多いようです。

家を買う機会は一生でそれほど多くありません。結婚などと同じ回数しかない出来事だと思えば、悩むのは当たり前と言えます。

では、家を買うベストなタイミングとは、いつなのでしょうか?

家を買うタイミングについて、おすすめの時期をご紹介します。

独身でもお金が貯まったら

独身の間にお金が貯まったら、思い切って家を買ってしまうという手もあります。

結婚後の生活を想定して広めの家を買ってもいいですし、独身を貫き通す気であれば単身者向けの住宅という選択もアリでしょう。

狭い住宅を買ったあとで結婚した場合は、新居に移り住んで既存の住宅を他人に賃貸して副収入を得るという方法も可能です。

しかし、都市部ならともかく、借り手が見つかりづらい地方の場合は、この方法が通じないケースもあります。

結婚をきっかけに

結婚

結婚をしたとき、または婚約をした時やパートナーが現れたときなどに、2人の新しい住居として家を建てるという人は意外と多いようです。

2人の未来を考えて家を選べるので、独身のときに買った家にパートナーが合わせると言う形にならず、不満が募りにくいのがメリットです。

また、お互いに仕事を持っている場合は、独身のときよりも有利な条件で住宅ローンを組むことができます。

しかし、子供の数が未確定のうちに家を建てると、将来予定より子供が増えた場合や逆に子供が産まれなかった場合に悩むことになります。

転勤が多い職種の場合、突如転勤や単身赴任を強いられるケースもあり、そうなると新居に住める期間が極端に短くなるという可能性すらあります。

子供の数が確定したら

結婚してしばらくすると、もうこれ以上子供を産む予定はないという時期が来ます。 

そういったときであれば子供部屋の数を確定できますし、家族みんなの意見を取り入れて家を選ぶことができます。より家族が仲良くなれる家を購入できるでしょう。

しかし今度は経済的な問題がでてきます。子育てしながら住宅ローンを支払うのはかなりの負担です。

年齢が高くなってから子供が産まれた場合は、定年間際あるいは定年を過ぎるまで住宅ローンの返済がある可能性があります。

場合によっては子供に住宅ローンを背負わせる必要に迫られます。

さらに、子育てのために夫婦のどちらかが家庭に入ると、それだけ収入が減ってしまうため、ローンの返済がさらに苦しくなります。

また、新しい家の場所によっては子供に転校をさせなければいけません。

子供にとっては産まれた土地から離れることになるので、精神的にかなりのストレスとなってしまいます。

場合によっては子供の成長に影響がでることもあり、親としてはかなりの気遣いが必要となります。

子供の数が独立したら

かなり時期が遅くなりますが、子供が独立した頃に家を買うというアイデアもあります。

この時期に家を買う場合は、夫婦で暮らすことになるため、あまり広いスペースが必要ありません。

自分自身の親を呼び寄せて一緒に暮らす場合はある程度の広さが必要です。場合によっては二世帯住宅を検討すべきかもしれません。

住宅ローンのことを考えると、あまり高額な家にしない方が無難です。高齢になって収入が減るとローンの返済ができなくなることがあります。

金利が安い時期に

ここからは人生のステージというよりも、社会の動きに合わせたタイミングを考えていきます。

まずは住宅ローンの金利です。

日本は超低金利時代ですが、住宅ローンの金利も安くなっており、返済が若干楽になる状態が続いています。

実際、金利が下がったという報道が流れると住宅の販売件数や売買契約成立件数が増加します。

金利下落のニュースに後押しされて家を買う人は多いようです。

税金関係の法律が変わるときに

家と税金

例えば消費税が上がる前になると、駆け込み需要が増加します。

家も例外ではなく、むしろ金額が大きいからこそ消費税が上がる前に購入を決断する人が増えるようです。

消費税が上がる以外では、家に関する税金が安くなる時期に住宅の売買が盛んになります。

多くの場合、税金が安くなる期間には期限が定められているため、消費者の購買意欲が短期的に高くなります。

補助金や助成制度がある間に

家の売買には多くのお金が動くため、政府としてはできるだけ民間のお金を回すことで経済を良くしようとして、多くの補助金制度や優遇措置を行います。

こういった制度が行われているうちに家を買うと他の時期に家を買うよりも経済的な負担が軽くなるので、実際に住宅を買う人が増えるようです。

補助金などにも期限の定めがあることが多く、この期間内になんとか家を買おうと考える人もいます。

まとめ

家を買うベストタイミングは個人の状況や考え方によって違うため、「ベスト」というものは提示しづらいのが現状で、情報提供側としては「ベター」な例をお伝えするに留まってしまいます。

自分のライフステージや金利政策、各種制度などを総合的に考えて判断してください。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集