杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 買うならどっち?不動産物件AorB » 新築or中古

新築or中古

このページでは、新築と中古はどちらがおすすめなのか紹介しています。

新築と中古は、どっちがお得?

さっそく、メリットとデメリットに分けて、どちらがおすすめか説明していきます。

新築物件の場合

●メリット
なによりも誰も住んだことのない新しい家・部屋というのは最大のメリット。最新の設備やセキュリティシステムも備えています。分譲業者などによるアフターサービスや保証も充実しています。お金の面でも住宅ローンが借りやすい場合が多いでしょう。税制面での優遇措置も幅広くなっています。一戸建ての場合になりますが、住宅ローン減免などが受けられる長期優良住宅も新築ならではの特典です。新築分譲地やマンションの場合は、同じ世代の家族が入居することが多く、近隣関係に安心感があります。

●デメリット
価格面でどうしても中古の同条件の物件と比べると高くなりがちです。マンションなどでは建設途中での販売になり、完成後のイメージが掴みにくいでしょう。実際の眺望、日照、騒音、通風状態がわかりづらいです。分譲地などは全体工事完了後に交通などの周辺環境が変わることもあります。また隣家との付き合い方で住み心地が変わってきます。

中古物件の場合

●メリット
築年数以外の条件が同じなら、新築よりも価格が安くなります。また同じ予算で考えると中古物件の方が駅近など立地が良いようです。事前にどんな人が周辺に住んでいるのか把握できる点も良いでしょう。

●デメリット
中古といえど、不動産購入には莫大なお金をかけることになります。他人が以前住んでいた所に多額の費用をかけることが気になる方は不向きです。中古物件は以前住んでいた人によって、建物や室内の劣化程度も様々です。また昭和56年以前の古い物件は耐震性の問題からも、避ける方が賢明でしょう。古い物件は短期間のうちに建物や設備が寿命を迎え、建て替えの必要に迫られることもあります。建物の設計図面や書類などが残っていないこともあり、現況販売が一般的なため、細部を検討できない点も心配です。

個人的な考えや趣向にもよりますが、せっかく新しい住まいを購入するのであれば、新築物件に魅力を感じるのは私だけでしょうか。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集