杉並区で一戸建てを買う!不動産業者ガイドHOME » 買うならどっち?不動産物件AorB » 一戸建てorマンション

一戸建てorマンション

このページでは、一戸建てとマンションどっちがおすすめなのか、解説しています。

一戸建てとマンションは、どっちがお得?

さっそく、それぞれのメリットとデメリットに分けて、どちらがおすすめなのかを紹介します。

一戸建ての場合

●メリット
なによりも自分の土地を資産として所有できます。ローンが払い終えた後も土地の価値は残ります。建て替えてをすれば、子供に資産として残すことも可能です。戸建てなので、上下の騒音に悩まされることもなく快適。小さくても自分の庭を所有できる喜びをメリットに挙げる人も大勢います。また駐車場代を支払わなくてもよく、クルマを2台以上所有することも可能です。

●デメリット
冷暖房費といった光熱費が集合住宅と比べると予想以上にかかります。戸建ては防犯対策も自分でしなければならず、長期の旅行などで不在時の心配も。また庭やエクステリア周りの手入れや修繕も自分でするか業者を手配しなければなりません。

マンションの場合

●メリット
総じて一戸建て住宅よりも購入時の価格が安いでしょう。建物の構造もRC造りなどしっかりしていて、地震対策も万全。高層マンションの上階になれば日当りや眺望も良いでしょう。マンションは利便性の高い所に建てられた物件が多く、通勤や買い物などが楽だという声も聞こえてきます。ゴミ出しなどのルールや場所も決まっていて、生活面でも便利。集合住宅なので、セキュリティ面で安心ができます。最近のマンションはオートロックや防犯カメラなどが設置されているなど、防犯面がしっかりとしています。住み替えもしやすいといったメリットもあります。

●デメリット
費用面では入居後にも管理費や修繕積立金、駐車場代、固定資産税(これは一戸建てにもかかりますが)といった支出が発生します。管理費や修繕積立金は月々支払うことになるので、住宅ローンとあわせてみると負担が重く感じるでしょう。30年住んだ場合で比べてみると一戸建てよりも1,000万円程度出費が多くなるようです。また管理組合に加入しなければならず、理事などの役員にならなければならない負担もあります。

こうしてそれぞれのメリット・デメリットをあげてみても一長一短があることがわかります。整理してみて気づいたのですが、やはり一番気になるのは生涯に渡り支払う費用面でした。この部分での優位性を考えてみても、一戸建てが良いかなと思いました。

不動産物件はじめて基礎講座 不動産物件AorB 不動産用語集